桜に会いに(その2)

↓恵山岬での星撮影を終えた足で夜明け現着を目指し松前公園に向かいます。約3時間弱のドライブです。途中知内のあたりで道路脇の笹薮から顔を出す子熊に遭遇するハプニング、車に驚き逃げ去りましたがチョット怖かった。
陽を浴びて桜の後ろには松前城が見えます。

_DSC6412sppse_20170506193326550.jpg

松前公園はかなりの広さで散策路も整備されていて中にはいくつかのお寺もあります。中でも有名な光善寺の鐘楼門(通称竜宮門)に絡めた桜です。

_5037748spsp.jpg

境内にある有名な推定樹齢280年以上の「血脈桜」です。これは「南殿」という松前を代表する品種で、この血脈桜を親木にして増やされたとのことです。

_DSC6387sppse.jpg

_DSC6338sppse.jpg

_DSC6364sppse.jpg

この公園には数少ない枝垂桜です。

_DSC6340sppse.jpg

殆ど白く見えるのは染井吉野でしょうか。

_DSC6341sppse.jpg

散策路はこんな感じです。空気も澄んでいてとても気持ち良かったですよ。

_DSC6358sppse.jpg

手前の樹木の隙間から桜を狙ってみました。

_DSC6396sppse.jpg

「南殿」のそろい踏みです。

_DSC6402sppse.jpg

おまけは光善寺に近い龍雲院の山門天井に描かれていた龍の絵です。

_DSC6394sppse.jpg

これで2日間にわたる凾館方面の桜紀行は終わりです。GWの異常な気温上昇であちこちの桜が同時開花したので次は何処に行こうか思案中です。

灯台と天の川

↓五稜郭公園での撮影を終えた夜半、前から気になっていた恵山岬灯台を絡めた星撮影に行きました(2日連続の徹夜です)。

_DSC6325nxdpse2.jpg


桜に会いに(その1)

今年最初の桜に会う為、2日未明に出発し五稜郭公園へ約4時間のドライブです。陽が昇り始める頃まずは定番のスポットで一枚。もう少し陽が回ってからの方が良かったかも。風が強くて水面が揺らぎ完全な水鏡になっていません。

_DSC6122nxdpse.jpg

公園内には相当な樹齢の古木が沢山あります。「桜切るバカ・・・」と云われますがここの桜は上部を切り落とし、枝が広がるように手入れをしているとテレビで見たことがあります。

_DSC6176nxdpse.jpg

_5027741sppse.jpg

_DSC6193nxdpse.jpg

外周堤の桜並木も圧巻です。

_DSC6206nxdpse.jpg

五稜郭タワーと桜のコラボです。雲一つない青空が目に痛いほどです。

_DSC6184nxdpse_201705062058486e4.jpg

この後、初めて五稜郭タワーに昇り超広角レンズでの五稜郭の眺望を撮ってみました。

_DSC6257nxdpse.jpg

換算90mm中望遠レンズの最短撮影距離で桜の花を狙いますが風に揺れなかなか止まってくれません(汗)。

_5027739sppse.jpg

堀の水面のきらめきを玉ボケにして撮ってみました。

_DSC6233nxdpse.jpg




春の使者(その2)

↓男山自然公園での撮影の翌日、東川町のキトウシ森林公園に行ってみました。ここもカタクリが満開状態で男山自然公園に比べ自然に近い感じがします。

_4257674sppse.jpg

_4257676sppse.jpg

_4257677sppse.jpg

_4257684sppse.jpg

_4257683sppse.jpg

群生状況はこんな感じです。

_4257707sppse.jpg

_4257709sppse.jpg

_4257698sppse.jpg


春の使者(その1)

雨上がりの後、2日程良い天気が続きそうだったので旭川方面へ春の使者「カタクリ」に会いに行ってきました。先ずは男山自然公園での撮影です。

_4247590sppse.jpg

_4247604sppse.jpg

_4247615sppse.jpg

エゾエンゴサクとのデートです。

_4247648sppse.jpg

_4247664sppse.jpg

_4247669sppse.jpg

イチゲとお見合いかな?

_4247610sppse.jpg

カタクリの集団です。

_4247624sppse.jpg

うしろの黄色いボケはキバナノアマナです。

_4247607sppse.jpg

こんな小さな花です。

_4247608sppse.jpg

その2に続きま~す。