ジュエリーアイス

昨日、日の出をめがけて豊頃町大津海岸へジュエリーアイスの撮影に行ってきました。この日は波も高く十勝川から流れ出た沢山の氷が岸に打ち上げられていました。駐車場から海岸に行くまでの間、氷が波に揉まれてぶつかり合うカーン・カーンという音が響き渡り不思議な感じです。

_DSC0285nxdpse.jpg

_DSC0293nxdpse.jpg

_DSC0302nxdpse.jpg

_DSC0311nxdpse.jpg

_DSC0319nxdpse_201801251641250d3.jpg

_DSC0326nxdpse.jpg

_DSC0333nxdpse.jpg


_DSC0334nxdpse.jpg

_DSC0336nxdpse.jpg

_DSC0355nxdpse.jpg

_DSC0361nxdpse.jpg


一筋の足跡

廃屋を通り丘中腹の一本木に向かって一筋の足跡が・・・・キタキツネでしょうか。

_DSC0129pse.jpg

霧氷の華

↓更別での撮影を終えて豊頃へ向かいます。いつも訪れる十勝川河川敷のハルニレの木も美しい華をつけて待っていてくれました。
陽の光を浴びて真っ白な霧氷の華がキラキラと輝いています。

_DSC0259nxdpse.jpg

_DSC0254nxdpse.jpg

_DSC0265nxdpse.jpg

色づく日高山脈

↓霧氷撮影をしている更別からは荒々しい日高山脈が一望できます。陽が昇り始めると山脈の峰々が赤く染まるモルゲンロートになります。上空も赤く染まるビーナスベルトが現れました。

_DSC0161nxdpse.jpg

_DSC0162nxdpse.jpg

陽が昇っていくにつれてモルゲンロートもビーナスベルトも消え青空の下、山脈の峰々が白く輝き始めます。

_DSC0179nxdpse.jpg

_DSC0233nxdpse.jpg

-23℃超の世界

アップが遅くなりましたが日曜日に訪れた更別村の霧氷です。この日は-23℃超という寒さで霧氷撮影には絶好の日でした。
陽が昇る前前から陽が当たり出すまでの間、夢中でシャッターを切り続けました。
陽が当たり出すと霧氷が宝石のようにキラキラと輝き、温められた雪原から湧き上がる水蒸気が冷え切った空気にさらされて靄が立ち込め何とも幻想的な情景になりました。

_DSC0155nxdpse.jpg

_DSC0169nxdpse.jpg

_DSC0183nxdpse.jpg

_DSC0184nxdpse.jpg

_DSC0188nxdpse.jpg

_DSC0189nxdpse.jpg

_DSC0203nxdpse.jpg

_DSC0195nxdpse.jpg

_DSC0197nxdpse.jpg

_DSC0208nxdpse.jpg

_DSC0211nxdpse.jpg

_DSC0217nxdpse.jpg

_DSC0226nxdpse.jpg