FC2ブログ

またまた東千歳

26日は満月ということで、自宅を4時に出発し双子の木と月を撮りに行ってきました。月が沈む頃に東の空が明るくなることを願いましたがビッシリの雲であたりは月明かり以外は真っ暗、どうしても月が飛んでしまいます。難しい・・・。

_DSC6245pse.jpg

この日も冷え込みが厳しく-18℃、辺りはみるみるうちに朝靄に包まれ一寸先も見えないほど。雲間から朝日が顔を出し辺りがほんのり赤く色づき始めました。

_DSC6294pse.jpg

次第に青空も見え始め朝靄がまだ残る雪原と松林です。

_DSC6305pse.jpg

朝靄がまだ残る雪原に凛と立つ一本木です。

_DSC6311pse.jpg

朝靄も殆ど消えかかった雪原と防風林です。この辺りは小川や用水路が至る所にある為か気温の低い無風状態の時に発生する朝靄は半端なものではありません。

_DSC6315pse.jpg

最後は青空をバックにびっしりとついた霧氷です。

_DSC6331pse.jpg

東千歳は家からも近いですから気軽に訪れることができますのでホームグラウンドとして四季折々の風景を撮れればと思っています。

Comment

No:50|
こんにちは。
コメントを頂き、有難うございました。
今朝は、キッチリと月の入り間近に合わせて来られたんですね。流石です!

いや~それにしても素晴らしい朝霧の眺めです!
粘られた甲斐がありましたねd(゚-^*)
2枚目、5枚目はまるで絵画のように素敵です。
これは、完全に陽が昇り、明るい日差しならではの色ですね。
春~秋では、このように白く光る朝霧は見られないと思います。冬ならではの朝霧風景、素晴らしい写真を見せていただき、有難うございました。
No:51|喜多さん
早々のコメント有難うございます。今朝は初めて見るような朝靄でした。日が差す角度で色々な表情を見せてもらい感動・感動でした。朝靄が多すぎても少なすぎてもダメでその微妙な感じがなかなかつかめません。目で見るのとカメラの液晶モニターで見るのとでは違いますから難しいですね~。ここは本当に素晴らしい場所ですね。
No:52|
こんばんは、今回も作品として残せる写真を撮られましたね、
4枚目凄いですね、私のツボです。
No:53|海老原先生
いつもコメントを頂き有難うございます。程良い濃さの朝靄はすごく幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。何よりもここが家から30分程で行けるのが最高です。小型の美瑛といったところでしょうか。
No:54|
おはようございます。
ご自分のお庭のような所で、このような素晴らしい光景が広がっているのは凄いですね。
朝霧と双子の木、奥日光の小田代ガ原の貴婦人のようです。
No:55|おはようございます
凄い豪雪情報見ていまして、そちらはどんな加減なのかな〜 雪かきに追われて,身体は大乗なのかな〜 と思っていたら素敵な画像に出会えて、良かった〜
それにしても−18度の世界の夜明け強烈そうですね〜 朝霧に包まれた日の出も素敵で、2枚目3枚目の霧に包まれた雲の様子も実に素敵ですね〜 明るくなるに付け表情も変わり何とも応えられない素晴らしさと,最後の霧氷、良いな〜
No:56|freddyさん
コメント有難うございます。家から30分程度で行ける所ですからダメならダメでまた来よ~うと思える距離ですから・・・これが片道2・3時間かかるとダメな時のへこみは大きいですよね。このあたりは色々な景色が楽しめそうなので今から楽しみにしてます。
No:57|ゆりがおかさん
いつもコメント有難うございます。この辺りの朝霧・朝靄は半端じゃないですよ。もしかしたら美瑛を超えているかもしれません。朝靄にかすむ景色をどう撮るかまさに腕が試されるところですがなかなか腕が追いつきません。幸い家から近い所ですので沢山TRYしてみようと思ってます。
No:58|
霧の東千歳、素敵ですね〜(^^)
地表近くの霧は勿論ですが、それに似合った雲の表情がまた素晴らしいです。
光線の色温度の変化もまた面白いです。
東千歳の中でも、こうしていろいろな姿が見られるのって、風景写真も奥深いですね。
木の影が映っている5枚目が私の好みです(^^)
No:59|紫庵さん
体調は回復しましたか?東千歳は色々な表情を見せてくれるところで飽きることがないですね。この日は陽が昇り始める頃から一面朝靄に包まれ、それが徐々に消えかかると同時に雲の表情も変わってきました。今こちらも猛吹雪ですが徐々に春が近づいてくるのでしょう。春を迎える東千歳はどんな表情を見せてくれるのか今から楽しみです

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する