FC2ブログ

東千歳の丘

久し振りに東千歳の丘をウロウロしてきました。景色もすっかり秋めいて、来年の作付けの準備で緑肥用の向日葵がとても目につきます。

_DSC8804nxdpse.jpg

_DSC8816nxdpse.jpg

南風に向かい新千歳空港に向けて着陸態勢にはいるJAL機が・・・・

_DSC8805nxdpse.jpg

来年の収穫用の秋蒔き小麦の畝が絶妙なラインを描いています。

_DSC8813nxdpse.jpg

夜明け

余市のえびす・大黒岩での夜明けの撮影をしました。NDフィルターを使いスローシャッターでの撮影です。

ss2分
_DSC8784nxdpse.jpg

ss1分
_DSC8790nxdpse.jpg

昇る朝日を背に受けたえびす岩です(NDフィルター無し)。

_DSC8793nxdpse.jpg

紅葉の旭岳

↓美瑛での撮影後、車中で仮眠をとり朝一番のロープウェイに乗るべく旭岳山麓駅へ向かいます。標高1600mの姿見駅からの眺望です。

_9238527sppse.jpg

_9238523sppse.jpg

姿見池へ向かう遊歩道は大雪の森林限界1000~1500mを越えている為高木が生育できません。所々に綿毛をまとったチングルマも見ることができました。

_9238487sppse.jpg

_9238497sppse.jpg

_9238502sppse.jpg

_9238500sppse.jpg

_9238505sppse.jpg

姿見池付近の様子です。沢山の観光客や旭岳頂上を目指す登山客が見えます。

_9238496sppse.jpg

あちこちから噴煙を上げている様子を見ると旭岳はまさに活火山なのだと認識新たにします。

_9238531sppse.jpg

訪れる時期が一寸遅かったのか紅葉は中腹から山麓へ移っていたようで前日の赤岳銀泉台に比べて赤系が少なく地味な感じがします。

紅葉撮影の合間に(久し振りの美瑛)

↓赤岳銀泉台での紅葉撮影を終え翌朝の旭岳紅葉撮影までの合間、久し振りに美瑛をブラブラしてみました。畑は翌年の植え付けに向け緑肥として植えられたキカラシが広がっています。

_DSC8727nxdpse_20170926210116763.jpg

秋蒔き小麦でしょうか畝のカーブが絶妙です。

_9228440sppse.jpg


セブンスターの木のある丘も夕暮れ近く陽が沈みかけて雲が赤く染まり始めます。

_9228449sppse.jpg

_9228460sppse.jpg

夜になり雲が取れてきたのでマイルドセブンの丘で星撮影をしてみました。夏の終わりの天の川です。

_DSC8774nxdpse.jpg

日本一早い紅葉

↓三国峠での撮影後、赤岳銀泉台へ向かいます。この時期はマイカー規制があり大雪湖レイクサイトでシャトルバスに乗り換えて30分ほどかけて目的地へ向かいます。赤岳登山口では下界に雲海が漂っていました。

_DSC8652nxdpse.jpg

山方向に目を向けると紅葉真っ盛りの光景が・・・・・。

_DSC8724nxdpse.jpg

一時間ほど登って行く道々からは目に痛いほどの紅葉が広がっていました。

_DSC8665nxdpse.jpg

_DSC8671nxdpse.jpg

_DSC8695nxdpse.jpg

_DSC8703nxdpse.jpg

_DSC8712nxdpse.jpg

_DSC8720nxdpse.jpg

雪渓も僅かながらまだ残っていました。

_DSC8721nxdpse.jpg

赤岳には何十年か前に春スキーで来たことがありますが紅葉時期に訪れるのは初めてで素晴らしい景色を充分堪能することができました。

秋の訪れ

紅葉を求めて21日の夜中に家を出発し、赤岳銀泉台へ向かう途中の三国峠でのショットです。日の出直前でウペペサンケ山(1835m)・ニペソツ山(2013m)の上空もピンクに染まり出します。

5:02
_DSC8618nxdpse.jpg

陽が昇り始めると森の樹々の紅葉も輝き出し、ニペソツ山も赤く化粧を始めます。

5:24
_DSC8639nxdpse.jpg

これから本格的な紅葉の開幕です。

室蘭八景(続)

室蘭八景には奇岩や急峻な断崖等が沢山あります。

_DSC8533nxdpse.jpg

_DSC8538nxdpse.jpg

_DSC8543nxdpse.jpg

_DSC8569nxdpse.jpg

_DSC8552nxdpse.jpg

大黒島や地球岬も八景のひとつです。

_DSC8559nxdpse.jpg

_DSC8574nxdpse.jpg

室蘭八景トッカリショの夜明け

昨日、室蘭八景巡りをしてきました。先ずは八景の一つであるトッカリショの夜明けです。

4:31 街は未だ眠りの中、空が赤らみ始めます。 
_DSC8461nxdpse.jpg

4:50 街明かりもチラホラと消え始め空も全体にピンク色に染まっていきます。
_DSC8468nxdpse.jpg

5:11 チョッと引いた構図で撮ってみます。
_9098423sppse.jpg

5:18 陽が昇り始め海も赤く染まり始めます。
_DSC8480nxdpse.jpg

5:23
_DSC8491nxdpse.jpg

5:31
_DSC8507nxdpse.jpg

5:37 切り立った崖も朝の光を受け赤く色づきます。
_DSC8511nxdpse.jpg

苔むす渓谷

何年かぶりで樽前ガローに行ってきました。流れの中に三脚を立てスローシャッターで撮ってみました。

_9068407sppse.jpg

_DSC8443nxdpse2.jpg

_DSC8448nxdpse2.jpg

下流側を撮ると・・・

_DSC8455nxdpse2.jpg

去りゆく夏

磯谷高原での撮影を終え、積丹経由で帰路につきました。すっかり秋めいて来ていましたが積丹ブルーは健在です。

_DSC8422nxdpse.jpg

_DSC8426nxdpse.jpg

_DSC8432nxdpse.jpg

_DSC8418nxdpse.jpg

積丹に向かう途中の神威岬遠望です。

_DSC8416nxdpse.jpg

湧き上がる雲海

↓星撮影後、日の出を待っていると徐々に雲海が湧き出してきてとてもダイナミックな動きを見せてくれました。

_DSC8361nxdpse.jpg

_DSC8384nxdpse.jpg

_DSC8397nxdpse.jpg

_DSC8403nxdpse.jpg

日本海側に目をやると尻別川から湧き出た雲海が海に流れ込んでいました。遠くに積丹半島も見えます。

_DSC8405nxdpse.jpg

未だ頂上付近に雲のある羊蹄山の左側から強烈な朝に光が差し込んできます。

_DSC8409nxdpse.jpg

羊蹄山にかかる雲が無ければ最高だったのですが、これほどの雲海に出会えただけでも感謝感謝です。今年はあと何回ここに通えるかな~。

磯谷高原の星空と雲海

羊蹄山と雲海を狙って留寿都の橇負山に上りましたが羊蹄山の雲が取れそうもなかったので急遽寿都の磯谷高原に場所を移しました。羊蹄山頂上付近の雲は取れませんでしたが星空が広がっていました。尻別川から湧き立ち始めた雲海で街明かりが滲んでいます。

_DSC8274nxdpse.jpg

日本海側を見ると天の川が立ち上っています。

_DSC8305nxdpse.jpg

空が白み始めると雲海の量もドンドン増していきます。空には未だ星が輝いています。

_DSC8321nxdpse.jpg

_DSC8332nxdpse.jpg

山々にかかる雲が無ければ最高なんですが・・・・


再出現

↓富良野からの帰路、夕張のシューパロ湖に寄ってみました。大夕張ダムにより形成された人工湖が2015完成のシューパロダムにより水域が拡大されました。夏場の渇水期で水位が下がり水底に沈んだ旧白銀橋の上部が姿を現しています。

_DSC8231nxdpse.jpg

_DSC8237nxdpse.jpg

_DSC8256nxdpse.jpg

夕張岳登山口に続く道の付け替えられた新白銀橋付近も水位の低下により湖に沈んでいた沢山の立ち枯れの木が姿を現しています。

_DSC8267nxdpse.jpg

_DSC8227nxdpse.jpg

_DSC8255nxdpse.jpg