初夏の美瑛

美瑛もすっかり初夏の様相で秋蒔き小麦やジャガイモの花が一面彩をあたえています。先ずは就実の丘からです。

_DSC2024nxdpse.jpg

_DSC2025nxdpse.jpg

_DSC2029nxdpse.jpg

_DSC2038nxdpse.jpg

赤羽の丘に足を延ばしてみるとここも秋蒔き小麦が収穫を待っている状況でした。

_DSC2045nxdpse2.jpg

_DSC2049nxdpse.jpg

定番のマイルドセブンの丘も麦一色です。

_DSC2064nxdpse.jpg

丘の裏に回ってみると珍しい赤麦が成長していました。

_DSC2059nxdpse.jpg

近くの丘は一面蕎麦の花畑です。

_7176344sppse.jpg

御料の丘をまわって帰路につく途中で目にした牧草ロールです。

goryounooka.jpg

朝霧に包まれて

天の川撮影ののち車中で仮眠をとり朝を待ちます。目覚めると朝方に相当冷え込んだ為かあたり一面が朝霧の中です。少しでも高い場所に行かなければということで里仁の丘に向かい日の出を待ちます。朝日が当たり始めると朝霧がオレンジ色に染まり何とも幻想的な世界が広がりました。三角屋根の塔が美馬牛小学校です。

_DSC1996nxdpse.jpg

陽が昇り始めると霧は白く輝き始めます。

_DSC1997nxdpse.jpg

雲間からの陽の光が景色に陰影を作り出します。

_DSC1989nxdpse.jpg

薄い霧が消え始め薄い雲海が漂いはじめます。

_7176316sppse.jpg

_7176323sppse.jpg

天の川二題

16日は新月でしたのでファーム富田での撮影後、天の川を求めて上富良野町旭野地区へ出かけました。十勝岳連山に架る天の川をゲット。ここは南東方向の為天の川が若干横向きになります。

_DSC1938nxdnxd.jpg

この後ロケハンをしておいた美瑛千代田の丘に向かい展望塔と天の川のコラボをゲット。ここはほぼ真南向きの為天の川が立っています。雲が湧き上がってきて右下に街明かりの反射がみられます。

_DSC1949nxdpse.jpg

ラベンダーの季節

一昨日から中富良野、上富良野、美瑛と撮影旅行に行ってきました。久しぶりに訪れたファーム富田のラベンダー畑は今が最盛期といった感じです。 

_7166306sppse.jpg

_7166287sppse.jpg

_7166285sppse.jpg

_7166283sppse.jpg

_7166281sppse.jpg

亜麻の花

オロロンラインから真夜中に高速道路をとばし近くのSAで少し仮眠を取ってから当別町にある亜麻の里へ向かいました。亜麻は早朝開花し昼までが勝負と聞いていましたので一番乗りを狙いましたが亜麻畑には既に先客一人いました。亜麻は比較的寒い地方で栽培され日本では北海道のみが栽培適地らしいです。花も小さく、茎が比較的長いので風に揺れピント合わせに一苦労です。

_7106245sppse.jpg

_7106248sppse.jpg

_DSC1747nxdpse.jpg

_DSC1759nxdpse.jpg

_DSC1763nxdpse.jpg

昔ヒットした「亜麻色の髪の乙女」という曲(歳が判りますね~)の亜麻色は亜麻の繊維の色で金髪や黄みを帯びた茶色髪の形容に用いられるそうですよ。

オロロンラインの旅

一昨日の9日に初めてオロロンラインを稚内まで北上してみました。殆ど信号の無い海岸線沿いの快適ドライブコースで車の燃費も上がります(笑)。海岸の砂浜に打ち寄せる波の先には利尻富士が見えます。

_7096169sppse.jpg

宗谷丘陵には57基もの風力発電設備があり壮観でした。自然エネルギーの風利用の最先端という感じです。

_7096176sppse.jpg

_7096191sppse.jpg

丘陵には牧場が広がり牧草の刈込みでトラクターが忙しくはたらいていました。

_7096179sppse.jpg

丘陵からの利尻富士遠望です。

_7096195sppse.jpg

宗谷丘陵からの帰路、日の入りの時刻になり利尻富士はブルーモーメントの時を迎えます。

_7096213sppse.jpg

道の駅で一休みし幌延のオトンルイ風力発電施設と天の川を撮ってみました。発電機の支柱は白色ですが障害灯の赤色が映り込んでしまいます。

_DSC1710nxdpse.jpg

夜中に車をとばし次の目的地である当別町の亜麻の里へ向かいます(次回をおたのしみに)。