ノハナショウブ

家から車で30分程のところにノハナショウブの群生地があることを知りでかけてみました。生憎青空のもとでとはいきませんでしたが丁度見頃時期でラッキーでした。園芸種である花菖蒲の原種ということで花菖蒲に比べると何となく奥ゆかしさを感じます。

_DSC1668nxdpse.jpg

_DSC1653nxdpse.jpg

_DSC1656nxdpse.jpg

_DSC1662nxdpse.jpg

天への階段

昨夕は天気が良さそうだったので羊蹄山に架る天の川を撮りに倶知安に行ってきました。昼間にロケハンをしていなかったので場所の選定に一苦労。もっと良い場所がある筈なので今度は昼間にロケハンをして再チャレンジです。取り敢えず証拠写真として縦・横構図での2枚をアップします。

_DSC1612nxdpse.jpg

_DSC1630nxdpse.jpg

星空と雲海

星空と雲海を求めて昨年に続き津別峠へ行ってきました。屈斜路湖を覆い尽くす雲海の上の星空が撮れたらと期待しましたが雲海は出たものの上空には雲が・・・・

_DSC1404nxdpse.jpg

峠の南側は比較的雲が少なく木々の向こうには天の川が見えます。

_DSC1423nxdpse.jpg

屈斜路湖の夜明け前、ブルーモーメントの時間になり空には消えかかる星たちも見えます。

_DSC1440nxdpse.jpg

雲海の雲が山の斜面を駆け下りていきます。

_DSC1454nxdpse.jpg

朝日が昇り雲海を赤く染めはじめます。

_DSC1479nxdnxd.jpg

_DSC1504nxdpse.jpg

流れ込む雲海が木々を埋め尽くし幻想的な世界になりました。

_DSC1511nxdpse.jpg

_DSC1515nxdpse.jpg

屈斜路湖とは反対側の津別町側にも雲海が広がっていました。

_6156151sppse.jpg

この後、摩周湖にも足を延ばしてみるとここにも雲海が湖面一面を覆い尽くしていました。

_DSC1525nxdpse.jpg

留寿都からニセコへ

先日、羊蹄山麓に雲海が出るかな?と期待して留寿都の橇負山へ行ってみましたが湿度が低すぎたからなのか発生の気配はありませんでした。証拠写真として羊蹄山頂にかかる北斗七星です。満月まじかで空が明るいので星が分かりにくいかもしれませんが探してみてください(笑)。

_DSC1381.jpg

この後、朝焼けを期待しながら羊蹄を東に見るニセコへ移動するも朝焼けは期待外れでしたが田植えを終えた田んぼに映り込む羊蹄をゲットできました。

_DSC1395sppse.jpg