美瑛・旭岳紀行

8日未明に家を出発し再び美瑛へ向かいました。美瑛は今年訪れた中では一番の冷え込みで車の外気温時計は-28℃。最初に向かった三愛の丘は一面霧が立ち込め視界不良でしたが陽が出る頃には霧も薄くなってきて、晴れの予感が・・・
先ずは三愛の丘の夜明けで前方遠くの山々の嶺には笠雲が出ています。

_DSC8126sppse.jpg

昇る朝日が木の陰から顔を出し辺りを赤く染めていきます。

_DSC8144sppse.jpg

反対側はまだ霧が立ち込める雪原に霧氷を纏った木が陽を浴びて輝いています。

_DSC8156sppse.jpg

遠くには富良野方面の山々が。

_DSC8164sppse.jpg

三愛の丘からジェットコースターの路へ移動しましたがここもまだ薄らと霧に覆われています。薄霧の中に凛と立つポプラです。

_DSC8169sppse.jpg

美馬牛小学校を遠望する場所へ移動すると西側の空は真っ青な空で霧氷が映えます。

_DSC8175sppse.jpg

美馬牛小学校方向はまだ深い霧に覆われています。縦構図、横構図で一枚ずつ。

_DSC8181sppse.jpg

_2083051sppse.jpg

新栄の丘へ向かう途中の前景に雪原、霧氷の林に包まれた赤い屋根のログハウス風ペンションが青空に映えます。

_DSC8183sppse.jpg

新栄の丘から旭岳方面の遠望です。

_DSC8184sppse.jpg

拓真館の裏手の雪原にぽつんと離れて立つ2つの小屋です。何の小屋でしょうね?

_DSC8193sppse.jpg

久し振りの晴天なので旭岳に登ってみることにしました。もちろんゴンドラで(笑)
ゴンドラ終点駅から壺足で展望台へ進み旭岳を背に下界を撮ってみました。

_2082528sppse.jpg

噴煙たなびく旭岳です。青空に反射する雪の白さが目に痛いほどです。

_2082532sppse.jpg

月齢8.2の月が旭岳の上に薄らと姿を見せています。

_2082553sppse.jpg

雪原のいたるところには強風が作り出した風紋がまるで海岸に打ち寄せる波のように見えます。

_2082543sppse.jpg

_2082549sppse.jpg

_DSC8221sppse.jpg

下りのゴンドラの窓から2枚。

_DSC8232sppse.jpg

_DSC8243sppse.jpg

旭岳から夕陽狙いでマイルドセブンの丘へ。日輪の一部が虹のように色付いています。

_DSC8251sppse.jpg

マイルドセブンの丘から青く色付く雪原を前景に十勝連峰を撮ってみました。

_2082555sppse.jpg

一筋の足跡が・・・キツネかな?

_DSC8254sppse.jpg

16:00を過ぎマイルドセブンの丘も夕陽に輝いています。一日の終わりが近づいてきました。

_2082557sppse.jpg