またまた東千歳

26日は満月ということで、自宅を4時に出発し双子の木と月を撮りに行ってきました。月が沈む頃に東の空が明るくなることを願いましたがビッシリの雲であたりは月明かり以外は真っ暗、どうしても月が飛んでしまいます。難しい・・・。

_DSC6245pse.jpg

この日も冷え込みが厳しく-18℃、辺りはみるみるうちに朝靄に包まれ一寸先も見えないほど。雲間から朝日が顔を出し辺りがほんのり赤く色づき始めました。

_DSC6294pse.jpg

次第に青空も見え始め朝靄がまだ残る雪原と松林です。

_DSC6305pse.jpg

朝靄がまだ残る雪原に凛と立つ一本木です。

_DSC6311pse.jpg

朝靄も殆ど消えかかった雪原と防風林です。この辺りは小川や用水路が至る所にある為か気温の低い無風状態の時に発生する朝靄は半端なものではありません。

_DSC6315pse.jpg

最後は青空をバックにびっしりとついた霧氷です。

_DSC6331pse.jpg

東千歳は家からも近いですから気軽に訪れることができますのでホームグラウンドとして四季折々の風景を撮れればと思っています。

東千歳再び

晴れ渡った空に誘われ再びロケハンを兼ねて東千歳付近をウロウロしてきました。街中の雪とは違い真っ白な雪原に心洗われる気分でした。何処へ行こうとしているのか野兎?狐?の足跡が点々と・・・

_DSC6221pse.jpg

防風林の彼方には夕張方面の山脈もくっきりと見えました。

_DSC6217pse.jpg

東千歳の雪

P2170002pse.jpg
途中断続はあるものの昨夜から雪がシンシンと降り続きました。この季節になると雪も湿り気をおびてきます。昨夜から撮影に向かった所では空振りに終わり帰路の途中東千歳へ廻った際の吹雪景色です。

雪がやみそうもないので帰宅して休息。午後過ぎに雪も止み50cm程積もった家の前の雪かきを終えた頃、わずかに青空が見えはじめましたので再度東千歳へ夕日狙いにでかけました。よく体力が続くね~・・・
定番スポットの双子の木に重なる夕日をゲット。

P2170033pse.jpg

日が沈んだところを縦構図で一枚。何とか夕日が撮れたからまあいいか・・・

P2170053pse.jpg

美瑛の星

昨夜から久し振りに美瑛へ星撮影に行ってきました。天気予報の通り雲が殆ど無く満天の星に出会うことができました。ちなみに気温は-22℃でしたが完全防備でしたので手が一寸冷たいかな程度でした。
先ずは定番のクリスマスツリーの木を28mm単焦点レンズで横構図一枚。旭川空港に着陸する飛行機の軌跡?も映っています。

_DSC6165pse.jpg

同じクリスマスツリーの木を方向を変えて35mm単焦点レンズで。

_DSC6199pse.jpg

場所を移動し、哲学の木を縦構図で。

_DSC6180pse.jpg

マイルドセブンの丘は冬は近くまでの除雪は行われていないので道路脇に駐車し、遠景での撮影です。ここは街灯りの反射が強いようです。

_DSC6184ms2pse.jpg