更別紀行

1/27~28霧氷スポットと云われている更別村へ行ってきました。1/27朝6:00前に更別に着きましたがロケハンもしていなかったので場所探しにウロウロ。更にこの日は気温も下がらずしかも風も強く霧氷発生の条件にあわず霧氷撮影は断念。朝焼けを映す日高山脈を一枚。
P1270006pse2.jpg

風が強い為、雪原にできた風紋を前景に林越しにみえる日高山脈です。
P1270019pse.jpg

風紋のアップです。
P1270020pse.jpg

翌日も風が強く気温も-15~16℃との天気予報だったので霧氷撮影は諦めていましたが次回のロケハンも兼ねて8:00過ぎに霧氷スポットへ行ってみました。予報に反し気温-19℃で無風状態で、未だ霧氷が残っていました。2本並んだ木の霧氷です。
P1280069pse.jpg

猿別川の川べりに撮影場所を移動すると、そこはまだ川霧が湧き立っていました。電線を避けての撮影です。
P1280083pse.jpg

P1280085pse.jpg

先ほどとは別の2本木を600mm相当で撮ってみましたが陽がかなりあたった後なので霧氷も消滅しかかっています。やはり陽がさす直後でないと霧氷のつきが悪いですね。その時の気象条件に相当左右されるので難しいところです。
P1280095pse.jpg

陽のあたるのが遅い川べりの木に陽がさし込みキラキラと輝いています。
P1280159pse.jpg

帰宅途中の陽をいっぱいに浴びた雪原を前景にカラマツ林の奥に輝く日高山脈です。
P1280169pse.jpg



-23℃の世界

暖かい日が続いていましたが、今日は冷え込むとの予報を信じ朝4:30家を出て富良野方面へ霧氷の撮影に行ってきました。占冠ICから富良野方面に向かうと予報通り徐々に気温が下がり-23℃に。空知川堤防に車を止め先ず一枚。

P1240020pse.jpg

川も凍てつき見るからに寒そう。カメラを持つ手も手袋をはいていても凍りそうでした。

P1240021pse.jpg

富良野市郊外の鳥沼公園へ移動し沼面を覆う靄と樹氷のコラボを撮影しました。

先ずは朝日がさす前の青の世界です。

P1240062pse.jpg

この沼の豊富な湧水は水温が高いので寒冷地には珍しく不凍沼です。気温が低いと沼面に靄が立ち込め幻想的な雰囲気になります。

P1240137pse.jpg


P1240074pse.jpg

P1240181pse.jpg


日が昇り始め木々の間から光芒が・・・・

P1240187pse.jpg

これだけ寒いと初めて見るフロストフラワーも感動ものです。

P1240109pse.jpg


池の鴨も羽を膨らませ寒さに耐えているのかナ?

P1240132pse.jpg

帰宅途中の雪を被った山並みと一面雪に覆われた畑です。広大さが伝わるでしょうか?

P1240225pse.jpg

丹頂鶴をもとめて

はじめましてtaurusと申します。新年に入り一念発起でブログを立ち上げることにしました。風景を中心に心に残った写真を掲げていこうと思っています。
第一弾は丹頂鶴をもとめて昨年12月に訪れた鶴居村での写真です。一枚目は日の出前の朝靄たなびく雪裡川で餌を探し求める丹頂鶴の家族です。前日の朝は-20℃超えで鶴も近くに寄ってきませんでしたがこの日は若干寒さが緩んだせいかねぐらから出て近くまで来てくれました。とは言っても換算1000mm相当での撮影です。

雪裡川


給餌をしている伊藤サンクチュアリーへ移動し、求愛ダンスを撮ることができました。

求愛2

餌場から飛び立つつがいの丹頂鶴です。

飛翔2