雲海と日の出

ちょっとアップが遅くなりましたが、19日に続いて21日も懲りずに磯谷高原へ行ってきました。雲海自体は19日より多く出ましたがロシアの森林火災?の煙の流入の影響らしく空気が澱んでいてすっきりとした空には程遠い状況でした。

_DSC2653nxdpse.jpg

羊蹄の右側(南方向)の空の方が幾分状態が良かったので埋め尽くす雲海が陽の光で赤みを帯びて輝いているところを撮ってみました。

_DSC2667nxdpse.jpg



早朝の雲海

翌7日の早朝の雲海は前日と比べダイナミックな感じがしました。午前2時半過ぎ日の出前のマジックアワーの空にはいくつかの星も残っています。

_DSC1698nxdpse.jpg

手前の山肌を駆け下りる雲の流れをスローシャッターで撮ってみました。

_DSC1712nxdpse.jpg

空が朝焼けに染まり始めます。遠くには知床方面の山々も見えます。

_DSC1719nxdpse.jpg

午前4時少し前、山の上から太陽が顔を出し始め屈斜路湖上の雲海も赤く染まり始めます。

_DSC1740nxdpse.jpg

星空と雲海

星空と雲海を求めて昨年に続き津別峠へ行ってきました。屈斜路湖を覆い尽くす雲海の上の星空が撮れたらと期待しましたが雲海は出たものの上空には雲が・・・・

_DSC1404nxdpse.jpg

峠の南側は比較的雲が少なく木々の向こうには天の川が見えます。

_DSC1423nxdpse.jpg

屈斜路湖の夜明け前、ブルーモーメントの時間になり空には消えかかる星たちも見えます。

_DSC1440nxdpse.jpg

雲海の雲が山の斜面を駆け下りていきます。

_DSC1454nxdpse.jpg

朝日が昇り雲海を赤く染めはじめます。

_DSC1479nxdnxd.jpg

_DSC1504nxdpse.jpg

流れ込む雲海が木々を埋め尽くし幻想的な世界になりました。

_DSC1511nxdpse.jpg

_DSC1515nxdpse.jpg

屈斜路湖とは反対側の津別町側にも雲海が広がっていました。

_6156151sppse.jpg

この後、摩周湖にも足を延ばしてみるとここにも雲海が湖面一面を覆い尽くしていました。

_DSC1525nxdpse.jpg

待望の雲海

昨年のリベンジで雲海を追い求め4日間程屈斜路湖方面へ行ってきました。この辺りは雲海のメッカで津別峠・美幌峠・摩周湖・ハイランド小清水等ポイントはいくつかありますがなかなか雲海に出会えません。今回は50%の確率で遭遇することができ非常にラッキーでした。先ずは津別峠から日の出前ブルーモーメントの時間の湖面を覆い尽くす雲海です。

_DSC9066nxpse.jpg

日の出で一面赤く染まります。

_DSC9072nxpse.jpg

津別峠から下りてくる道から見た雲海です。

_7013589sppse.jpg

_7013597sppse.jpg

美幌峠へ移動すると青空も微かにのぞいていました。

_DSC9077nxpse.jpg

美幌峠へ登ってくる道の周りにも雲海が入り込んでいます。

_DSC9092nxpse.jpg

峠の廻りの森林も雲海に埋め尽くされています。

_DSC9114nxpse.jpg

上空を覆う雲間からは微かな光芒も・・・

_DSC9124nxpse.jpg

湖面を覆い尽くす雲海を縦構図でも一枚。遠くには摩周岳も見えます。

_DSC9147nxpse.jpg

翌日も津別峠へ向かうと幸運にも又雲海が発生していました。AM3:00過ぎ、日の出前の蒼の世界です。

_DSC9164nxpse.jpg

_DSC9165nxpse.jpg

_DSC9171nxpse.jpg

追って昼間に撮った雲海以外の写真もアップしていきます。