青い池ならぬ白い池?

一面氷と雪に覆われていた「青い池」も早春の光を浴びで沼面が姿を現し始めました。

_DSC0898nxdpse.jpg

_DSC0899nxdpse.jpg

朝霧に包まれて

朝の厳しい冷え込みで富良野の田園地帯も一面の朝霧に包まれました。日の出前の空も僅かに色づいています。

_DSC0634nxdpse_201803021323511ed.jpg

_DSC0635nxdpse.jpg

_DSC0639nxdpse.jpg

煌めいて

↓タウシュベツ橋梁での撮影を終え夕刻めがけて再びジュエリーアイスに会いに豊頃町大津海岸へ行きました。新たな氷が少なく絵になりそうな氷を探すのに苦労しました。(1月30日撮影)

_DSC0526nxdpse.jpg

_DSC0527nxdpse.jpg

_DSC0557nxdpse.jpg

_DSC0556nxdpse.jpg

_DSC0564nxdpse.jpg

夕陽が差し込みオレンジ色に輝きます。

_DSC0549nxdpse.jpg

_DSC0534nxdpse.jpg

_DSC0536nxdpse.jpg

_DSC0541nxdpse.jpg

_DSC0546nxdpse_20180203214234e60.jpg

_DSC0555nxdpse.jpg

東の空にはビーナスベルト、その下の地球陰と昇り始めた月が見えます。

_DSC0568nxdpse.jpg

ジュエリーアイス

昨日、日の出をめがけて豊頃町大津海岸へジュエリーアイスの撮影に行ってきました。この日は波も高く十勝川から流れ出た沢山の氷が岸に打ち上げられていました。駐車場から海岸に行くまでの間、氷が波に揉まれてぶつかり合うカーン・カーンという音が響き渡り不思議な感じです。

_DSC0285nxdpse.jpg

_DSC0293nxdpse.jpg

_DSC0302nxdpse.jpg

_DSC0311nxdpse.jpg

_DSC0319nxdpse_201801251641250d3.jpg

_DSC0326nxdpse.jpg

_DSC0333nxdpse.jpg


_DSC0334nxdpse.jpg

_DSC0336nxdpse.jpg

_DSC0355nxdpse.jpg

_DSC0361nxdpse.jpg


美瑛紀行

天候とスケジュールから一か月ほど更新ができませんでしたが金曜日の未明から美瑛に行ってきました。気温は-15℃程でそれ程の冷え込みでなくダイアモンドダストも申し訳程度の発生でした。定番ですが夜明け直後の「クリスマスツリーの木」です。

_DSC0032pse.jpg

陽が昇り始め美瑛川の河岸の霧氷も輝きだします。

_DSC0034pse.jpg

_DSC0042pse.jpg

_DSC0061pse.jpg

堤防にあるナナカマドの実にも霧氷が付き紅白の彩が素敵でした。

_DSC0055pse.jpg

陽が昇ると一気に青空が広がり素敵な雲との競演が始まります。

_DSC0086pse.jpg

_DSC0093pse.jpg

_DSC0107pse.jpg

_DSC0113pse.jpg

_DSC0136pse.jpg

帰路は富良野経由で「春よ来いの木」によってみました。雪原には期まで続く動物の足跡が・・・・木の根元に隠しておいた餌でも探しに行ったのでしょうか?

_DSC0145pse.jpg

手が痺れる程の寒さでもやはり冬の撮影は楽しいものです。