炎上

北竜町ひまわり畑での星撮影↓を終え若干の仮眠後、砂川のひまわり畑へ向かう途中に出会った劇的な朝焼けです。これほどの焼けは年に一、二度出会えるかどうかだと思います。非常にラッキーでした。

ズーム40mm相当
_DSC7487nxdpse.jpg

ズーム78mm相当
_DSC7483nxdpse.jpg

昼間30℃近い気温が朝方12℃位まで冷え込んだ為、山裾には薄っすらと朝霧が見えています。

梅林と洞爺湖

↓星撮影を終え陽が昇りだすと梅林と湖と羊蹄山の競演が始まります。この日は快晴で風も殆ど無く羊蹄山も湖に薄っすらと影を落としています。雲が無かったこともあり劇的な焼けはありませんでしたが羊蹄山はピンクの薄化粧でした。昼夜の寒暖差で湖には薄っすらと霧も発生していました。

_DSC6841nxdpse.jpg

羊蹄山付近を切り取って縦構図で写してみました。

_DSC6834nxdpse.jpg

朝靄の高原

再び磯谷高原へ行ってきました。空気が乾いているせいか雲海には出会えませんでしたが薄い朝靄に包まれた朝焼けを撮ることができました。

_DSC3248nxdpse.jpg

羊蹄の右隣りの尻別岳からの日の出です。

_DSC3282nxdpse.jpg

磯谷高原から降りてきた蘭越町の色づき始めの森にも朝日が差し込みます。

_DSC3300nxdpse.jpg

刈り入れを終えた畑には霜が降りていました。

_DSC3298nxdpse.jpg

羊蹄の夜明け

本日未明、昨年ロケハンをしておいた寿都町の磯谷高原に行ってきました。漂う尻別川の川霧がチョット少なかったですが何とも言えない雰囲気でした。先客も5人程いて人気のスポットのようです。

_DSC2539nxdpse.jpg

暫くすると羊蹄の上の厚い雲が朝日をうけて真っ赤に焼け感動ものでした。羊蹄の右、尻別岳には傘雲がかかっています。

_DSC2577nxdpse2.jpg

1時間ほどで撮影を終えて帰路につきます。途中、ニセコ町で見た沸き立つ雲に覆われた羊蹄です。

_DSC2595nxdpse.jpg


燃ゆる空

雲海・朝焼け・星空を求めて久しぶりに弟子屈、津別方面へ撮影旅行に行ってきました。5日の夜に家を出発し5時間ほどかけて到着した6日の日の出前、津別峠で見事な朝焼けに出会うことができました。眼下の屈斜路湖には雲海も発生しています。

_7067261sppse.jpg

_7067265sppse.jpg

何回かに分けて雲海・星空等をアップしていきます。