更別紀行3

寒さは充分過ぎる位だったのですが湿度が足りなかったのか樹々への霧氷の付きが少なくチョット残念でした。

_DSC5214nxdpse.jpg

_DSC5244nxdpse.jpg

_DSC5265nxdpse.jpg

_DSC5270nxdpse.jpg

まるでイナバウアーみたいです。風雪に耐えてきたんですね。

_DSC5257nxdpse.jpg

猿別川岸は霧氷が多い気がします。フロストフラワーも見えます。

_DSC5280nxdpse.jpg

霧氷その3

川湯温泉近くの硫黄山山麓「つつじヶ丘原」での霧氷撮影です。ここは6月中旬から下旬にかけて咲く白エゾツツジの群生地として有名なところです。

_DSC4953nxdpse.jpg

陽を浴びて霧氷が輝いていました。

_DSC4958nxdpse.jpg

霧氷をアップで撮ってみました。

_DSC4961nxdpse.jpg

_DSC4968nxdpse.jpg

_DSC4983nxdpse.jpg

霧氷の樹々の先に見えるのは冠雪した斜里岳です。

_DSC4979nxdpse.jpg

霧氷の樹々と遠くの山々の間には雲海が漂っています。

_DSC4986nxdpse.jpg

撮影を終え帰路につく途中の農道から見た樹氷林です。陽があたって樹氷が消えかかっていますがご容赦を。

_DSC5001nxdpse.jpg

これで今回の道東撮影旅行はおしまいです。ご覧頂き有難うございました。

霧氷その2

釧路川上流は霧氷の花が咲き乱れていました。下流側は朝陽が逆光になります。川面には薄っすらと川霧も漂っています。

_DSC4857nxdpse.jpg

_DSC4850nxdpse.jpg

_DSC4952nxdpse.jpg

上流側は陽も当たり青空も見えます。澄み渡った川の水が確認できますか?

_DSC4861nxdpse.jpg

青空をバックに光り輝く霧氷です。

_DSC4866nxdpse.jpg

川面にはフロストフラワーも見ることができます。

_DSC4876nxdpse.jpg



霧氷その1

美幌峠での撮影を終え、弟子屈市街へ向かう途中で出会った霧氷風景です。

_DSC4801nxdpse.jpg

_DSC4830nxdpse.jpg

牧場の雪原越しに林の霧氷(霧氷の付きがチョット少ないですが)を広角と望遠で撮ってみました。

_DSC4948nxdpse.jpg

_DSC4949nxdpse.jpg

冬の更別

豊頃町での撮影を切り上げて帰路の途中更別を廻ってみました。数年前にもここで霧氷を撮ったことがあるのですが今回は時間が9時過ぎだったので霧氷は消えてしまったかもとあまり期待もしていませんでした。気温も-13度近くまで上昇していましたがかろうじて霧氷は残っていました。

_DSC3585nxdpse.jpg

_DSC3591nxdpse.jpg

霧氷発生の源である猿別川両岸も霧氷に覆われ輝いていました。

_DSC3599nxdpse.jpg

カラマツ林越しに急峻な日高山系が広がっています。前景の畑の雪が少ないですね。

_DSC3592nxdpse.jpg

ここは高速を使うと美瑛とほぼ同じ時間で来れますが霧氷の情景が全く異なりますね。